×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




石を取る
(´・ω・`)「じゃあ次に。ちょっと難しいけど呼吸点の話をしよう。」
( ^ω^)「なんだお碁盤にエラでもついてるのかお?」
('A`)「……」
(´・ω・`)「囲碁では相手石の上下左右を囲うとその石を取ることができるんだ。
     まず石の取り方を覚えてもらう」
( ^ω^)「ちょwwwwいきなり意味わかんねぇ」
('A`)「もっと分かりやすく説明してくれ」
(´・ω・`)「先程も言ったように相手の石の上下左右を囲うように打つとその石は取れる」
(´・ω・`)「まず図7を見てほしい」
図7             図8              図9
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤   ├┼┼△●△┼┼┤   ├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘

(´・ω・`)「この黒石を取るには上下左右を囲めばいい。
     この黒石の上下左右と言えば図8の△の4ヶ所だね。
     白石でこの4ヶ所を全て打てば黒石は盤上から取り除かれる(図9)」
( ^ω^)「なんだ簡単だお」
(´・ω・`)「この△の地点を『呼吸点』と呼ぶんだが、『ダメ(駄目)』と呼ぶ方が一般的だね。」
ξ゚听)ξ「黒石で黒石を囲っても取れないわ。白石で白石もまた然り。
      石から斜めの地点はダメに含まれないからち注意してね。」





ξ゚听)ξ「石数が増えても同じことが言えるわ」
図10            図11             図12
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤   ├┼┼△●△┼┼┤   ├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼┼●┼┼┼┤   ├┼┼△●△┼┼┤   ├┼┼○┼○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼○┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘

ξ゚听)ξ「図10の黒石のダメは図11の△の6つね。
      この地点に白石を全て打てば2つ黒石を取ることができるわ(図12)」
ξ゚听)ξ「相の石が身動きを取れないように囲う。そんな感じね。」
( ^ω^)「うーん、良く分かったお」
('A`)「ほんとかよ」
(´・ω・`)「石のダメにもいろいろあるんだ。」
図13             図14            図15
┌┬△●●●△┬┐   ●●△┬┬┬┬┬┐   △●△┬┬┬┬△△
├┼┼△●△┼┼┤   ●△┼┼┼┼┼┼┤   ●●△┼┼┼△●●
├┼┼┼△┼┼┼┤   △┼┼┼┼△┼┼┤   △△┼┼┼┼△●△
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼△△●△┼┤   ├┼┼┼┼┼△●△
├┼┼△△△┼┼┤   ├┼△●△●△┼┤   ├△△△┼┼△●●
├┼△●●●△┼┤   ├┼△●●●△┼┤   △●●●△┼┼△△
├┼┼△●△┼┼┤   ├┼┼△△△┼┼┤   △●△●△┼┼┼┤
├┼┼┼△┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   △●●△┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └△△┴┴┴┴┴┘



(´・ω・`)「13、14図はともに△が●のダメを表している。注意してほしいのは
     辺にくっついている石のダメの数が少ないことだ。つまり辺につっくいて
     いる石は少ない手数で取られてしまう。気をつけよう。」
ξ゚听)ξ「15図は『眼』と呼ばれる部分も△で表示してあるけれど、石を取る
      には△を全部打つということでダメとして表記してあるわ」
(´・ω・`)「『眼』については後述する。今は△を全てダメと考えてほしい」
('A`)「複雑だな」
(;^ω^)「むずかしいお…」
ξ゚听)ξ「はじめはそんなもんよ。じゃあ実際に石を取ってみましょう。
      白番です。それぞれ一手づつ打って黒石を取ってください」
      (スレのみんなも考えてみてね!)
問1、2、3、4       問5、6              問7、8
●○┬┬┬┬┬┬┐   ┌○○┬┬┬┬┬┐   ┌○●○┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼○○┤   ○●●○┼┼┼┼┤   ●●●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○●●┤   ○●┼┼┼┼┼┼┤   ○○○┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼○○┤   ├○┼┼○○○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○●●●○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○●┼●○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●┼┼┼○┼┤   ├┼┼○●●●○┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼○┼┼○●○┤   ├┼┼┼○○○┼┤   ├┼○●○┼┼┼┤
└┴┴┴┴○●┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └○●┴●○┴┴┘

('A`)「囲んで取るんだよな」
( ^ω^)「案外できるお」
ξ゚听)ξ「囲碁は入門が最大の壁よ。根気良く行きましょう」



ξ゚听)ξ「☆が正解ね」
問1、2、3、4       問5、6              問7、8
●○┬┬┬┬┬┬┐   ┌○○┬┬┬┬┬┐   ☆○●○┬┬┬┬┐
☆┼┼┼┼┼○○┤   ○●●○┼┼┼┼┤   ●●●○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○●●☆   ○●☆┼┼┼┼┼┤   ○○○┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼○○┤   ├○┼┼○○○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○●●●○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○●☆●○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├○●☆┼┼○┼┤   ├┼┼○●●●○┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼○┼┼○●○┤   ├┼┼┼○○○┼┤   ├┼○●○┼┼┼┤
└┴┴┴┴○●☆┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └○●☆●○┴┴┘
      ↓              ↓               ↓
┌○┬┬┬┬┬┬┐   ┌○○┬┬┬┬┬┐   ○○┬○┬┬┬┬┐
○┼┼┼┼┼○○┤   ○┼┼○┼┼┼┼┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼○┼┼○   ○┼○┼┼┼┼┼┤   ○○○┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼○○┤   ├○┼┼○○○┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○┼┼┼○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○┼┼┼┼┼┤   ├┼┼○┼○┼○┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤
├○┼○┼┼○┼┤   ├┼┼○┼┼┼○┤   ├┼┼○┼┼┼┼┤
├┼○┼┼○┼○┤   ├┼┼┼○○○┼┤   ├┼○┼○┼┼┼┤
└┴┴┴┴○┴○┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └○┴○┴○┴┴┘

('A`)「ブーン、ちゃんとできたか?」←全問正解
(#^ω^)「バカにすんなお。余裕で6問正解だお」
('A`)「まちがえてるじゃねーか」
(´・ω・`)「問題のような【あと一手で石が取れる状態】を『アタリ』と言うんだ。
     ぜひ覚えてくれ」


囲碁グッズをコレクションしよう!
リンク先をクリックすると、すぐに購入いただけます。まだ持っていない方はこの機会にどうぞ!




第一章 基本の心得
 ■あらすじ
 ■対局の進め方
 ■地(じ)について
 ■石を取る
 ■アタリ
 ■着手禁止点

第二章 特殊なルール 
 ■コウ
 ■死活
 ■眼(1)
 ■眼(2)
第三章 石を取る技術
 ■シチョウ
 ■欠け目
 ■中出
 ■セキ
 ■いままでのまとめ

第四章 終局の仕方、上達ヒント
 ■ウッテガエシ
 ■アゲハマ
 ■ゲタ
 ■対局の仕方・マナー
 ■オイオトシ
 ■上達のヒント


 トップページ ブーンの囲碁講座
 ホーム 囲碁情報サイト「囲碁トレ!」に戻る


当サイトはどのページもリンク自由です。それでは、楽しい囲碁ライフを!
(since 2006/8/10 碁たろう) 囲碁トレーニングうぇぶ All Rights Reserved. サイトマップ