×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




地(じ)について
図1             図2              図3
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├●●●┼┼┼┼┤
├┼┼●●┼┼┼┤   ├┼┼●●┼┼┼┤   ├●┼┼●┼┼┼┤
├┼●┼┼●┼┼┤   ├┼●△△●┼┼┤   ├●┼┼●┼┼┼┤
├┼●┼┼●┼┼┤   ├┼●△△●┼┼┤   ├┼●┼●┼┼┼┤
├┼┼●●┼┼┼┤   ├┼┼●●┼┼┼┤   ├┼●●┼┼●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼●┼●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼●●●┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘   └┴┴┴┴┴┴┴┘

ξ゚听)ξ「図1を見てね。黒石が4つの交点を囲っているのが分かるかしら。
      4つの交点が分からない人は図2を見てね。△の地点よ。
      これが地よ。地の単位は『目』。ここでは4目と数えられるわ。
      黒石が置いてある地点は地に数えないから気をつけてね」
      同様に図3は5目(左)と1目(右)を表しているわ。
      一般に黒の地を黒地、白の地を白地と呼ぶわ。」
( ^ω^)「ツンはすごいお!よく知ってるお!」
ξ///)ξ「…ばっ、何言ってるのよ!別にあんたと囲碁が打ちたいわけじゃないんだからね!」
('A`)(俺の存在理由って…)
(´・ω・`)「ツン、まだ説明は終わってないよ」



ξ゚听)ξ「あ、うん。地の囲い方にはいろいろあるわ。」
図4             図5              図6
┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌┬┬┬┬┬┬┬┐   ┌●●△●┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼┼┤   ├●△△●┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼●●   ├┼┼┼┼┼┼●●   ├┼●●┼┼┼●●
├┼┼┼┼┼●┼┤   ├┼┼┼┼┼●△△   ├┼┼┼┼┼●△△
├┼┼┼┼┼●┼┤   ├┼┼┼┼┼●△△   ├┼┼┼┼┼●△△
├┼┼┼┼┼┼●●   ├┼┼┼┼┼┼●●   ├┼┼┼┼┼┼●△
●●┼┼┼┼┼┼┤   ●●┼┼┼┼┼┼┤   ├┼┼┼┼┼┼●●
├┼●┼┼┼┼┼┤   △△●┼┼┼┼┼┤   ●┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴●┴┴┴┴┴┘   △△●┴┴┴┴┴┘   △●┴┴┴┴┴┴┘

ξ゚听)ξ「図4は左下と右の両方が4目の黒地よ。図5の△がその四目を表しているわ。
      図6は左下が1目。右が5目。上が3目の黒地よ。」
(´・ω・`)「ブーン、ドクオ。何か気づいたことはあるかな?」
( ^ω^)「……(いいボケが思いつかないお)」
('A`)「…碁盤の隅の方に地を作った方が少ない石数ですむな。」
(´・ω・`)「そうなんだ。盤面の角の近くを『隅』、辺の近くを『辺』と呼ぶんだけど、
      ここで地を作る方が碁盤の真ん中で地を作るより効率がいいんだ。」
(´・ω・`)「囲碁は地が多い方が勝つ。だから序盤は効率の良く地を囲える
      隅近く打つことが多いんだ。」
ξ゚听)ξ「これは重要なことだから覚えておいてね」


囲碁グッズをコレクションしよう!
リンク先をクリックすると、すぐに購入いただけます。まだ持っていない方はこの機会にどうぞ!




第一章 基本の心得
 ■あらすじ
 ■対局の進め方
 ■地(じ)について
 ■石を取る
 ■アタリ
 ■着手禁止点

第二章 特殊なルール 
 ■コウ
 ■死活
 ■眼(1)
 ■眼(2)
第三章 石を取る技術
 ■シチョウ
 ■欠け目
 ■中出
 ■セキ
 ■いままでのまとめ

第四章 終局の仕方、上達ヒント
 ■ウッテガエシ
 ■アゲハマ
 ■ゲタ
 ■対局の仕方・マナー
 ■オイオトシ
 ■上達のヒント


 トップページ ブーンの囲碁講座
 ホーム 囲碁情報サイト「囲碁トレ!」に戻る


当サイトはどのページもリンク自由です。それでは、楽しい囲碁ライフを!
(since 2006/8/10 碁たろう) 囲碁トレーニングうぇぶ All Rights Reserved. サイトマップ