上達のヒント
(´・ω・`)
「最後に上達のヒントだ。まず強くなるには沢山打つこと。
実践で鍛えることの大切さは改めて説明するまでもないだろう。」

ξ゚听)ξ
「次に人に教わること。対局後の検討で強い人にどこが悪かったか、
またどう打てば良かったかを教えてもらうのはすごく重要よ。
碁を打つだけにならず、検討もしっかりしましょう。
また、自分の打った碁の記録を残しておくのも良い方法よ。
打った碁の記録を『棋譜』と言うんだけど、
相手に許可をもらって対局の記録を残しましょう。
そして自分の打った碁をまた後で並べてみるの。
棋譜のつけ方は自分で調べたり人に聞いたり してみてね。」

(´・ω・`)
「三つ目も方法は強い人の対局を見ること。
最初のうちは何故その手がいいか理解できないだろう。
しかし何局も並べてるうちに強い人の打つ感覚が次第に分かってくると思う。

一手一手の意図が分かるようになればしめたものだ。

ξ゚听)ξ
作者みたいにプロの対局を何度も見て囲碁を覚えた人もいる。
大いに観戦し、学ぼう。」

ξ゚听)ξ
「…あとは詰碁などをたくさん解くことね。
自分の実力より易しい問題を何度も繰り返すの。
詰め後はヨミの訓練にも最適だし、それだけで棋力が向上したりするわ。」

(´・ω・`)
「……このくらいだろうか。当初の目標を達成できなかった感は否めませんが、切りが良いのでここで終わります。
このスレで囲碁に興味を持ってくれた人、早速打ってみよう。
保守してくれた人やアドバイスしてくれた人、
レスを返せなかったけれど本当に感謝しています。

囲碁はルールを知らなくても、打ってみればその面白さがわかるでしょう。
囲碁は入門で本当に苦労します。
自分で言うのもなんだけど、このスレを見るより実際打って覚えた方が早いです。
このスレは多くの人が囲碁に興味をもってくれればいいなと思い立てました。
ちなみに作者は高校生ですが囲碁は年を取ってからでも初められます。
80過ぎに囲碁を覚えて有段者になった人もいいます。
囲碁はホントに素敵なみんな競技です。では、今までありがとう。」

( ^ω^)
「ツン、泣くなお。また皆で囲碁やればいいお。」

('A`)
「そうだな。少なからずこのスレで囲碁に興味を持ってくれた人はいるんだ。
嬉しいじゃないか。」

ξ゚听)ξ「……そうね、では」

( ^ω^)ξ゚听)ξ('A`)(´・ω・`)「みんな、囲碁しようよ!」

●★( ^ω^)で学ぶ初めての囲碁☆○ [完]


囲碁グッズをコレクションしよう!
リンク先をクリックすると、すぐに購入いただけます。まだ持っていない方はこの機会にどうぞ!




第一章 基本の心得
 ■あらすじ
 ■対局の進め方
 ■地(じ)について
 ■石を取る
 ■アタリ
 ■着手禁止点

第二章 特殊なルール 
 ■コウ
 ■死活
 ■眼(1)
 ■眼(2)
第三章 石を取る技術
 ■シチョウ
 ■欠け目
 ■中出
 ■セキ
 ■いままでのまとめ

第四章 終局の仕方、上達ヒント
 ■ウッテガエシ
 ■アゲハマ
 ■ゲタ
 ■対局の仕方・マナー
 ■オイオトシ
 ■上達のヒント


 トップページ ブーンの囲碁講座
 ホーム 囲碁情報サイト「囲碁トレ!」に戻る


当サイトはどのページもリンク自由です。それでは、楽しい囲碁ライフを!
(since 2006/8/10 碁たろう) 囲碁トレーニングうぇぶ All Rights Reserved. サイトマップ